終演後のご挨拶 谷口航季

image1.jpeg
皆さまお待たせ致しました。
「肉体だもん・改」の千秋楽から早くも一週間。
ドガロスは収まりましたか?

今回は自分としても壁にぶつかったり、ぶつかったり、ぶつかったりな日々でした。正直、これだ!ってものに巡りあえてなかったので。だから試行錯誤の毎日でした。演劇ってある意味毎日正解の変わる問題に向き合ってる感じ。今回は特にそれを実感しました。毎回その時、その時の新鮮な竹若だったと思います。

今回の座組はチーム力もあって、本当に助けられた部分も多いです。若い人からベテランの方まで、誰もが作品のために何かをしようとする。当たり前だけど、なかなか出来なかったりするんですよね。感謝しきりです。稽古に付き合ってもらったり、東京人の谷口に関西弁のセリフを全部教えてくれたり。
毎日衣装運んでくれたり。いろいろ。いろいろ。
いろんなところで人に支えられてると思います。

そしてもちろんご来場頂いた皆様もです。
足を運んで頂くということで、僕らを支えてくださっている。本当に感謝しきりです。ありがとうございました!!!

この感謝はまた違う作品、そしてドガドガの作品に関わることで返していければと思います。
役者の血が騒ぐよって、休んでるわけにはいきませんね!

またの再会を願ってます

また
おいで




竹若こと竹宮若人/谷口航季

写真:伊藤勇司さん
前回の竹若。岡田さんのにあやかってw
いや、捕まり損なってる!!

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

第19回公演
『肉体だもん -焼け跡闇市純情篇-』

肉体だもんポスター

公演詳細情報はこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

mobile

qrcode