【終演後のご挨拶】田村真咲

image1.jpeg
『肉体だもん・改』にお越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。

今回、クンチャンこと"君と僕の君子"を演じました、田村真咲です。


全公演無事に終了し、やっと終わったと肩の力が少し抜けたのと同時にものすごい寂しさが襲ってきています。
千秋楽も無事終わり、家に帰って最初に見た夢の中で劇中のセリフを言って、自分の声で起きた時は笑いました〜(笑)
ただ、それくらい染み付いていることがとても嬉しく、ありがたいことだなと感じております。


ど緊張の中向かった最初の稽古の日、1回目に台本を読んだ時の感触、実際に稽古をつけていくに連れて自分の中で解釈が変わっていき、周りの共演者・先輩方に助けられ、望月さん指導のもと一つ一つのシーンが出来上がっていくこと全てが、本当に楽しみで嬉しくて難しくてあっという間でした。


自分の中で悔しさやもどかしさを感じる瞬間もありましたが、観に来てくださる方がいること、そして声をかけてくださって、また出てほしいと言ってくださること、全てが支えになりました。
本当にありがとうございました!



私は今回の舞台で君子という役をいただき、彼女として舞台で生きられたことが、本当に嬉しく恵まれたことだなと心の底から感じています。
しかし正直、もっとできると感じる悔しさの方が大きいです。
だからこそ、やめられないな!と思います。


前回の『台所太平記〜Kitchen Wars〜』で初めて舞台を経験しましたが、もうすっかり舞台の楽しさにハマってしまいました!

これからももっと勉強して、経験して、大きくなって、成長したいと思っています。また皆様に会える日を楽しみにしています!!
ありがとうございました。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

第19回公演
『肉体だもん -焼け跡闇市純情篇-』

肉体だもんポスター

公演詳細情報はこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

mobile

qrcode