終演後のご挨拶 中瀬古健

1440953753792.jpg
猪鹿蝶子役をやらせていただきました、中瀬古健です。
浅草紅團・改~大震災なにくそ編~無事に公演を終えることが出来ました。スタッフの皆様、応援して下さった方々、そして東洋館まで足を運んで下さったお客様に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

五回目の出演となりましたドガドガプラス。今回望月さんが与えてくれた役は猪鹿蝶子という、素敵な“女性”の役でした。
蝶子はカジノドヴァンニの看板で以前は十二階下の銘酒屋で体を張っていた淫売なんて経歴の持ち主です。
そんな女性をどう演じるか決めてはいるのに、メイクをして鬘をつけて鏡を見ると、自分が映っているはずなのに“ちょっと、あんたもっと強く生きなさいよ、余裕と自信!しっかりしろ!”と自分ではない蝶子から毎日言われているような気がしました。もしかしたらそれは望月さんの声だったのかな?(笑)なんて。
本番が終わった今果たして蝶子は満足してくれたのだろうか。いやきっと“まぁまぁ”だなんて言葉が返ってくるのです。
それでも舞台の上で蝶子でいれたのは黒澤尚子さん演じる絲子、伊東潤さん演じるオニケンを中心にしたカジノドァンニの仲間の力があったからです。

長くなりましたが、これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします!
ありがとうございました!!

中瀬古健

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

第19回公演
『肉体だもん -焼け跡闇市純情篇-』

肉体だもんポスター

公演詳細情報はこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

mobile

qrcode