終演後の挨拶にかえて 渡辺宏明

image1.JPG
(写真:伊藤勇司)

日本橋の商家の出でありながら14歳で芸者遊びを覚え放蕩三昧。16歳で貸本屋に奉公するが、真面目に働くこともなく、読書三昧の毎日。沢山の本を読み、俳諧・茶番劇を嗜むことで戯作者としての才能をみるみる発揮した、いわゆる天才肌。27歳の若さで江戸に三つしかない一座のトップ作家まで登りつめる。
人の情に厚く、歌舞伎界きっての人格者であり、色に溺れず贅沢を好まない。
「お客様に親切に、俳優に親切に、興行主に親切に」の「三親切」を念頭に作品を作り続け、その美しい七五調の台詞は「日本のシェイクスピア」と称される。歌舞伎の歴史上、最も多く作品が上演されている狂言作者。




『カゲキ・浅草カルメン』での河竹新七は青春時代、つまりは過渡期の時期でした。
「白波物」(悪党と主人公とする世話物)の作家として有名な黙阿弥ですが、愚鈍や歌二郎といったセ坩罎忘付いた悪党たちイ判于颪事で白波作家として成功した、というプロセスの部分をフィクションとして望月さんは描いた。
若い頃のナ蕩三昧ァ像ノ作者としての成功イ隆屐その間の新七の心中を埋め尽くす感情は「覚悟」と「狂気」でした。


賎民に堕ちる覚悟


時代を俺に描かせろという狂気


自分の芝居、全てのシーンでそれを表現し切れていたかはわかりませんが、そんな過渡期の河竹新七を演れて本当に良かった!

「最後の口上、色んな人に褒められたろ!褒められたらちゃんと実感して、自信にしなきゃダメだぞ!」
と望月さんから言われましたが、たぶん一番褒めてくれたのは望月さんです!
ありがとうございます。



『カゲキ・浅草カルメン』に関わって下さった全ての皆様、本当にありがとうございました!!!!!!
そして、ありがとう新七。

次にお会いするのは夏、八月!
『問わず語り』ですね。

とりあえず永井荷風の全集を1冊借りて来ました。驚いた事があったのですが、全集の中に荷風の「黙阿弥 評」のエッセイが掲載されていたのです!!あぁ、こうやって文化・芸術というものは繋がっているんだなぁと…

次に向かってまた勉強して行きます!精進します!
本当にありがとうございました。


河竹新七 役
渡辺宏明

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

第19回公演
『肉体だもん -焼け跡闇市純情篇-』

肉体だもんポスター

公演詳細情報はこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

mobile

qrcode