終演の挨拶 川又崇功

利根主鋭(ちから)役をやらさせて頂きました、川又崇功(たかく)です。

まずは大きな怪我もなく、無事に幕が降りて安心したと同時に、悔しい思いと寂しい思いと…色々な感情に襲われてます。

感情って複雑…。
と再確認しております。

でも、それを自ら創り上げ、表現するのが役者なんだ。本当、職人技なんだと改めて実感しております。
もっと真撃にお芝居と向き合い、もっと楽しんでやりたいと思います!

今回、僕は初参加でしたが、こんなにも尊敬できる方々と同じ舞台を創ることが出来て幸せでした。
もし次の公演に参加できるのなら半年後。

例え出来なくても、
「勉強していればいつかは繋がる」
という望月さんの言葉を信じ、もっと貪欲に今出来ることを、焦らずやりたいと思います。


後悔はしてませんが、今は"反省"で頭がいっぱいです。
この反省を次に活かし、
今回学んだことを次に活かし、
この悔しい想いを噛み締め、
もっともっと貪欲にお芝居と向き合いたいと思います。

全ての方に感謝。

また皆様にお会い出来ることを楽しみにしております。
ドガドガの皆様、スタッフの皆様、公演に足を運んで下さった方々、
本当にありがとうございました。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

第19回公演
『肉体だもん -焼け跡闇市純情篇-』

肉体だもんポスター

公演詳細情報はこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

mobile

qrcode