【終演のご挨拶】椿千優

image1.jpeg
『肉体だもん・改』にご来場くださった皆様、
あたたかいご声援を送ってくださった皆様、
誠にありがとうございました!!

"ネンネの翠子"を演じさせていただきました、
椿千優です。

千穐楽から一週間と少しが経ちましたが、
7月初旬の顔合わせから8月末の千穐楽までの日々は、とにかく濃厚であっという間だったように感じます。
本当に熱い熱い夏でした。
多くのことを学ばせていただいた夏でした。
このような素敵な作品の一部になれたこと、嬉しく思っています。

劇中菊井さんや竹若さんの台詞にもあったように、今日を生きるだけで精一杯という過酷な環境下で、大好きな"歌うこと"が戦中も敗戦後も翠子を勇気づけ生きていく力になっていたのだと感じていました。
好きなことって、自分に力をくれます。
私は芝居も歌も踊りもどれもまだまだ修行中の身ではありますが、好きだから続けられるしずっとずっと続けていきたいと思っています。
好きなことを自分の"夢"として追いかけられる今の環境に感謝して、また皆様にお会いできますよう日々精進して参ります。
全8公演、沢山のお客様から拍手や笑い声、あたたかいお言葉をいただき幸せいっぱいでした!
本当にありがとうございました。

そして最後に、望月さんをはじめ、スタッフの皆様、共演者の皆様、ありがとうございました!
素敵な方々とのご縁、大切にしたいです。

photo:伊藤勇司さん

【終演のご挨拶】川嶋月

image1.jpeg
みなさんこんばんは!

ドガドガプラス「肉体だもん・改」無事全公演が終了いたしました。
ご来場くださいました皆様、スタッフの方々、キャストの方々、この舞台に携わった皆様本当にありがとうございました!!
ツイッターでの公演の感想も読ませていただきました!ありがとうございます!!

シューシャンボーイ、柳橋茂一くん。

男の子役でしたね。
私がもともと見た目も中身も男の子っぽいのでやりずらさなどは全くありませんでした。
とってものびのび演じれたかなと思います!
勝人くんとの信頼関係を見せたかったので来島くんとは沢山話し合って稽古していました!
最初は芝居中お互い目を合わせるのに必死でしたが、小屋に入ると自然と合わせられるようになって2人で小さく喜んだりしました!
嬉しかった!

もちろん、反省点も沢山あります。
今回学んだことをこれからに生かしたいです!

そしてダンス!

踊ることも私は大好きです!
時々、パンパンとしてワンピースを着て踊る箇所がありましたが気が付きましたか〜?
伊藤さんが撮影してくださった写真を見返すと、、、、ガニ股のやつがいる!!!

私です。

立ち姿がすっかり男らしくなっていました!

などなど、楽しかった思い出が溢れて書ききれそうにありません!!

19歳の私の夏、全てを注いだ
「肉体だもん・改」

楽しんでいただけていたら幸いです。
また皆様とお会い出来る日を楽しみにしております!!

写真は伊藤勇司さん撮影。

柳橋茂一役 川嶋月

終演のご挨拶◎堀内愛海

image1.jpeg
遅くなってしまいましたが…。
改めまして、『肉体だもん・改』全公演無事に終演致しました!
ご来場くださった皆様、応援してくださった皆様、関係者の方々へ、誠にありがとうございました!

今回いただいた「御手洗の団子」役。
ドガドガプラスに出演させていただくのは3回目ですが、初めて、物語の始めから終わりまでちゃんと女の子の役が来ました。
お色気たっぷりのドガドガの舞台の中で、私は相変わらず色気とは程遠いところに居ましたが…、存分に暴れさせていただきました。
観ていただいた皆様から沢山のお褒めのお言葉をいただき、感無量です。
声のデカさと生命力の強さは負けないぞ!(笑)

乾杯会などでもお客様と交流させていただきましたが、やっぱり演劇って観てくださる皆様あってのものです。演劇の三要素のひとつですから当たり前なのですが、舞台に立たせていただく度にひしひしと感じます。
これからも観たい、観てよかったと思っていただけるように、全力を尽くして精進致します!
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

そして、素晴らしい脚本と楽しい演出をくださった望月さんをはじめ、ドガドガプラス劇団員の皆様、支えてくださったスタッフの皆様、共演者の皆様へ、
本当に本当にありがとうございました。


御手洗の団子役
堀内愛海

写真撮影…伊藤勇司さん

【終演後のご挨拶】田村真咲

image1.jpeg
『肉体だもん・改』にお越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。

今回、クンチャンこと"君と僕の君子"を演じました、田村真咲です。


全公演無事に終了し、やっと終わったと肩の力が少し抜けたのと同時にものすごい寂しさが襲ってきています。
千秋楽も無事終わり、家に帰って最初に見た夢の中で劇中のセリフを言って、自分の声で起きた時は笑いました〜(笑)
ただ、それくらい染み付いていることがとても嬉しく、ありがたいことだなと感じております。


ど緊張の中向かった最初の稽古の日、1回目に台本を読んだ時の感触、実際に稽古をつけていくに連れて自分の中で解釈が変わっていき、周りの共演者・先輩方に助けられ、望月さん指導のもと一つ一つのシーンが出来上がっていくこと全てが、本当に楽しみで嬉しくて難しくてあっという間でした。


自分の中で悔しさやもどかしさを感じる瞬間もありましたが、観に来てくださる方がいること、そして声をかけてくださって、また出てほしいと言ってくださること、全てが支えになりました。
本当にありがとうございました!



私は今回の舞台で君子という役をいただき、彼女として舞台で生きられたことが、本当に嬉しく恵まれたことだなと心の底から感じています。
しかし正直、もっとできると感じる悔しさの方が大きいです。
だからこそ、やめられないな!と思います。


前回の『台所太平記〜Kitchen Wars〜』で初めて舞台を経験しましたが、もうすっかり舞台の楽しさにハマってしまいました!

これからももっと勉強して、経験して、大きくなって、成長したいと思っています。また皆様に会える日を楽しみにしています!!
ありがとうございました。


【終演のご挨拶】比留間聡子

遅ればせながら…
「肉体だもん 改」、沢山の方々にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。
二度目の出戻りと言われてしまいましたが笑、大変思い入れの深い作品、肉体だもんに、再度出演させていただけたことに心から感謝致します。

今日よりも明日。
日々精進。
また皆様に何処かでお目にかかれますよう…☆

(写真 伊藤勇司)

<< | 3/292PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

第19回公演
『肉体だもん -焼け跡闇市純情篇-』

肉体だもんポスター

公演詳細情報はこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

mobile

qrcode